Research press release

南洋の循環

Nature Geoscience

Southern Ocean return

南洋において深層水が風によって上昇することは、全球海洋循環において北大西洋における沈み込みが重要と考えられていたのと同様に重要な役割を果たしていると、今週号のNature Geoscience onlineに発表された概説論文が報告している。概説は、海洋がもつ熱と炭素を保存できる能力を考えると、南洋の上昇流は気候システムの中心的位置づけとなると示唆している。 John MarshallとKevin Speerは、過去数十年に得られた定量的及び定性的洞察に基づいて、全球海洋循環のコンベヤベルト描像を再検討し更新した。更新された描像は、海洋と大気の間の二酸化炭素と熱の交換という役割を通して気候システムの重要な要素なることが分かってきた南洋の上昇流を支配する上で、風と渦として知られる海流の小規模回転の重要性を強調している。

Wind-driven rising of deep water in the Southern Ocean plays an equally important role in the global ocean circulation as the traditionally considered sinking in the North Atlantic, reports a review article published online this week in Nature Geoscience. The review suggests that - given the ocean’s capacity for storing heat and carbon - Southern Ocean upwelling is a central aspect of the climate system. John Marshall and Kevin Speer have revised and updated the iconic conveyor belt depiction of the global ocean circulation, based on quantitative and qualitative insights gained over the past decades. The updated schematic emphasizes the importance of winds and small-scale swirling ocean currents, known as eddies, in governing Southern Ocean upwelling, which emerges as a key component of the climate system through its role in the exchange of carbon dioxide and heat between the ocean and the atmosphere.

doi: 10.1038/ngeo1391

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度