Research press release

氷河への供給

Nature Geoscience

Fuelling glaciers

化石燃料の燃焼により発生したエアロゾルはアラスカの氷河に有機物を供給していると、今週号のNature Geoscience onlineに発表された研究が報告している。この発見は、人類活動が氷河中の有機物に影響を及ぼす可能性があることを示している。 氷が融解する期間には、氷河の融解水は川や沿岸水に流入し生物活動に栄養を供給する。Aron Stubbins等はアラスカで氷河表層水と氷河からの流出水中の有機物組成と年代を調べた。彼らは、年代が古いが生物が利用可能な有機物を大量に検出し、化石燃料の燃焼生成物に豊富に含まれるエアロゾルがこの物質の起源として考えられることを示した。このようなことから、研究者は人類活動が氷河からの有機物流出を増幅させていると示唆している。

Aerosols derived from the combustion of fossil fuels supply organic matter to Alaskan glaciers, reports a study published online in Nature Geoscience this week. The findings suggest that human activities may affect organic matter in glaciers. During periods of ice melt, glacier meltwaters run into rivers and coastal waters, where they fuel biological activity. Aron Stubbins and colleagues examined the age and composition of organic matter in glacier surface waters and glacier outflow in Alaska. They detected large quantities of old, yet biologically available organic matter, and show that aerosols, rich in fossil fuel combustion products, are the most likely source of this material. As such, the researchers suggest that human activities have amplified the export of organic matter from glaciers.

doi: 10.1038/ngeo1403

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度