Research press release

風による北極海への淡水の蓄積

Nature Geoscience

Arctic freshwater accumulation by winds

北極海西部において観測されている過去数十年にわたる蓄積された淡水の増加は、風のパターンの蓄積に都合のよい変化と一致しているとの報告が寄せられている。淡水の蓄積が風により駆動されているならば、風のパターンの逆転は淡水を放出する可能性があり、地域的な海洋循環に対して影響を及ぼしうる。 K Gllesらは、1995年と2010年の間の北極西部における人工衛星海面高度測定結果から、きわめて急峻な水のドームとそれに対応する風のパターンの変化を見つけた。ドームは北極海西部の環状海流であるビューフォート渦と関連があり、急峻であることは渦が加速していることを示唆している。研究者は、約8,000立方キロメートルの淡水がこの加速によりビューフォート渦の中に蓄えられていると見積もっており、これは水路測量学的測定と一致している。

The observed increase of freshwater storage in the western Arctic Ocean over the past few decades has coincided with favourable changes in wind patterns, reports a study published online this week in Nature Geoscience. If the accumulation of freshwater has been wind-driven, a reversal of the wind patterns could release the freshwater, with potential implications for the regional ocean circulation. Katherine Giles and co-authors found an increasingly steep dome of water in the western Arctic in satellite measurements of sea surface height between 1995 and 2010, and a corresponding change in wind patterns. The dome is associated with the Beaufort Gyre, a circular current in the western Arctic Ocean, and its steepening suggests an acceleration of the gyre. The researchers estimate that about 8,000 cubic kilometres of freshwater is stored in the Beaufort Gyre through this acceleration, in agreement with hydrographic measurements.

doi: 10.1038/ngeo1379

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度