Research press release

タイタンの大気層

Nature Geoscience

Titan’s atmospheric layers

土星の月であるタイタンの大気下部は、風のパターン、砂丘の配置および雲の形成に影響を及ぼす、2つのはっきりとした層をもつ構造をもっていることが報告された。 B CharnayとS Lebonnoisはタイタンの密度の大きい大気に対する三次元気候モデル(活性メタン循環は取り込まれていないが)を用いて、月の最下部大気における成層構造を研究した。モデル・シミュレーションは、ホイヘンス探査機で得られた観測と、ボイジャー1号宇宙船、カッシーニ軌道船、および砂丘配置解析による、独立して得られているが見かけ上矛盾している観測とを調和させている。 タイタン大気のシミュレーションでは、季節にわたって生成される2kmの深さをもつ層に加えて、約800mの深さをもつ浅い境界層が日スケールで発達している。著者らはその日周期については、タイタンは我々が考えているよりも地球に似た世界をもっていると結論している。

The lower atmosphere of Saturn’s moon Titan is strongly structured, with two distinct layers that affect wind patterns, dune spacing and cloud formation, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. Benjamin Charnay and Sebastien Lebonnois used a three-dimensional climate model of Titan’s dense atmosphere (albeit without an active methane cycle) to study the layering in the moon’s lowermost atmosphere. Model simulations reconcile observations from the Huygens probe with independent and apparently incompatible measurements obtained by the Voyager 1 spacecraft, the Cassini orbiter, and dune spacing analyses. In the simulations of Titan’s atmosphere, a shallow boundary layer of about 800 m depth develops on a daily scale, in addition to a 2-km-deep layer that is generated over a season. The authors conclude that in terms of its daily cycle, Titan is more similar to an Earth-like world than we thought.

doi: 10.1038/ngeo1374

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度