Research press release

コハート高原のキャタピラー状の動き

Nature Geoscience

Caterpillar-like motion of the Kohat Plateau

1992年5月20日に、パキスタンのコハート高原の地下でほぼ水平の断層面を持つマグニチュード6.0の異常な地震が発生したとの報告が寄せられている。このことは、これまで地震の危険があると注目されてこなかった地域であるこの高原の地下で、将来地震が起きる可能性があることを示唆している。 R Bilhamらは、地震学および人工衛星データを用いてこの地震の際に生じた変形を評価した。普段は、高原は大地震を起こすことなく南向きにクリープして動いている。このゆっくりとした動きは、潤滑剤として働く断層すべり面上の粘性層の存在により調節されていると考えられている。しかしながら、地震時におけるこのほぼ水平の断層面上での破壊は、高原が局所的にその下の岩とつながっており摩擦がこれらの部分に集まっている可能性があることを示唆している。この結果は、高原がキャタピラー状の動きで進んでおり、非地震性クリープが進むにつれて地震の破壊が起きる可能性が増すことを示している。

On 20 May 1992, an unusual earthquake of magnitude 6.0 occurred on an almost horizontal fault plane beneath the Kohat Plateau, Pakistan, reports a study published online this week in Nature Geoscience. This implies that future earthquakes could potentially occur beneath the Plateau ― an area that wasn’t highlighted as presenting a risk previously. Roger Bilham and colleagues use seismic and satellite data to assess the deformation caused during this earthquake. Ordinarily the plateau creeps southwards without causing any large earthquakes. It is presumed that this gradual motion is accommodated by the presence of a viscous layer on the fault slip plane that acts as a lubricant. However, a rupture of this almost horizontal fault plane during the earthquake implies that there the plateau is locally grounded to the underlying rocks and that friction can build up on these patches. The results suggest that the plateau moves forward with a caterpillar-like motion, and with ongoing aseismic creep, more seismic ruptures could occur.

doi: 10.1038/ngeo1373

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度