Research press release

栄養素により悪化する沿岸の酸化

Nature Geoscience

Coastal acidification exacerbated by nutrients

栄養素のレベルが高いことで沿岸水は海洋酸性化の影響をより受けやすいとの報告が寄せられている。大気からの二酸化炭素の入力とともに、沿岸水への人工的な栄養素の入力は、これらの水の酸性度増大をもたらしうる。

W-J Caiらはメキシコ湾北部と東シナ海で収集されたデータを用いて、沿岸水の酸性度に対する栄養素の入力の影響を調べた。予想されたとおり、栄養素のレベルが高いと微生物活動が増大するために植物プランクトンの大増殖と海水酸性度の増大をもたらす。しかし、モデルシミュレーションは、酸性度の増大が植物プランクトン大増殖と大気からの二酸化炭素入力の独立した効果を単純に足しあわせたものよりも大きくなることを示している。

Caiらは、酸性度がさらに増大するのはこれらの水がpHの変化を緩衝する能力が減少するためであると示唆している。

High nutrient levels could make coastal waters more susceptible to ocean acidification, suggests a study published online this week in Nature Geoscience. Alongside atmospheric inputs of carbon dioxide, human inputs of nutrients to the coastal ocean can lead to an increase in the acidity of these waters.

Wei-Jun Cai and colleagues use data collected in the northern Gulf of Mexico and the East China Sea to examine the influence of nutrient inputs on the acidity of coastal waters. As expected, high levels of nutrients led to phytoplankton blooms and an increase in seawater acidity, owing to a rise in microbial activity. But model simulations suggest that the rise in acidity exceeded that expected from simply adding the separate effects of phytoplankton blooms and atmospheric inputs of carbon dioxide.

The researchers suggest that the additional increase in acidity results from a reduction in the ability of these waters to buffer changes in pH.

doi: 10.1038/ngeo1297

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度