Research press release

堆積層がヒ素汚染を限定的にしている

Nature Geoscience

Sediments limit arsenic contamination

堆積層によるヒ素の吸着は深部地下水の汚染を限定的なものにしているとの報告が寄せられている。

ヒ素濃度の増加は、南部および東南アジアの多くの地域の浅部地下水では普通に見られる。しかし、深部地下水をくみ上げることでヒ素に富んだ水が上から浸入することが心配されている。K Radloffらはバングラディシュの深部帯水層へヒ素を多く含んだ水を注入し、水を回収した後のヒ素濃度を監視した。その結果、24時間後に回収した水のヒ素濃度は注入時に比べて70%低下したが、トレーサーの濃度は一定に保たれたことがわかった。Radloffらは、ヒ素濃度の低下は堆積層に吸着したためであるとしている。

Radloffらは次に、ベンガル盆地における地下水流を実験データによりシミュレーションするモデルを用いた。シミュレーション結果は堆積層によるヒ素の吸着は、深部地下水がヒ素汚染危険性が低いために使用可能である地域を拡大させていることを示唆している。

Arsenic adsorption by sediments could help to limit contamination of deep groundwater, according to a study published online this week in Nature Geoscience.

Increased concentrations of arsenic are common in shallow groundwater in many parts of South and Southeast Asia. But there is concern that pumping of deep groundwater could lead to the intrusion of arsenic-rich water from above. Kathleen Radloff and colleagues injected arsenic-rich water into a deep aquifer zone in Bangladesh, and monitored arsenic concentrations following withdrawal of the water. They found that the concentrations of arsenic in the withdrawn water declined by 70% compared with that injected after just 24 hours, whereas the concentration of a tracer remained constant. They attribute the decline in arsenic concentrations to adsorption on sediments.

The authors then use a model to simulate groundwater flow in the Bengal Basin, using the experimental data. The simulations suggest that adsorption of arsenic by sediments extends the area over which deep groundwater can be used with a low risk of arsenic contamination.

doi: 10.1038/ngeo1283

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度