Research press release

熱帯大西洋における塵と気候の間の関連性

Nature Geoscience

Dust-climate links in the tropical Atlantic

熱帯大西洋の海面温度と風の変動はアフリカの塵の爆発的増加と密接な関連性があることを示唆する報告が寄せられている。西アフリカ全体からの塵の放出は内陸土地利用の変化により強く影響を受ける。

A Evanらは海洋大循環モデルにより熱帯大西洋の力学過程をシミュレーションし、珊瑚の代理指標と人工衛星から再現した大気中の塵濃度を用いて表面の放射を決定した。海面温度の変動は、太陽放射を宇宙へと反射して戻す塵の濃度の変動にあわせて生じている。Evanらは、このような変動により熱帯大西洋における海洋-大気が結合した変動の支配的なモードを維持することができることを見いだした。

Variability in tropical Atlantic sea surface temperatures and winds is closely linked to African dust outbreaks, suggests an article published online this week in Nature Geoscience. Dust emissions over West Africa are, in turn, strongly influenced by changes in land use.

Amato Evan and colleagues simulated tropical Atlantic Ocean dynamics with an ocean general circulation model, and used reconstructed atmospheric dust concentration from a coral proxy and satellite retrievals to determine surface radiation. Fluctuations in sea surface temperatures arise when there are variable concentrations of dust reflecting solar radiation back to space. The researchers find that these fluctuations help maintain the dominant mode of coupled ocean atmosphere variability in the tropical Atlantic.

doi: 10.1038/ngeo1276

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度