Research press release

不完全な類似

Nature Geoscience

An imperfect analogue

最終間氷期(13万年前から11万4千年前)にグリーンランド氷床が融解したのは、夏季の極域温度と太陽放射の入力分布が共に高かった結果であるとNature Geoscience(電子版)に発表された論文が報告している。その結果、著者たちは最終間氷期が将来の気候変動に類似していると言い切るのは適切ではないと示唆している。   Willem Jan van de Bergたちは一連の数値モデルと計算を用いて、最終間氷期におけるグリーンランド氷床の表面質量平衡を支配する要因を評価した。この期間には、グリーンランド全体の夏季の気温は今日よりも約2℃から4℃高く、氷床は顕著に小さかった。研究チームは、その減少の約55%しか夏季の気温が高かったことに原因を求めることはできないと見積もっている。彼らは、地球の軌道が変化したことにより、夏季に北半球高緯度に達する太陽放射の量が増加したことに残りの原因を求めている。

The melting of the Greenland ice sheet during the last interglacial period — 130,000 to 114,000 years ago — was a result of both higher Arctic summer temperatures and the distribution of incoming solar radiation, reports a paper published online in Nature Geoscience. Consequently, the authors suggest that the last interglacial period is not an adequate analogue for future climate change. Willem Jan van de Berg and colleagues used a series of numerical models and calculations to assess the factors that controlled the surface mass balance of the Greenland ice sheet during the last interglacial period. During this period, summer temperatures over Greenland were about two to four degrees Celsius higher than today, and the ice sheet was significantly smaller. The team estimates that only about 55% of that decline can be attributed to the higher summer temperatures. The rest they attribute to changes in the Earth’s orbit, which led to an increase in the amount of solar radiation reaching the high northern latitudes during the summer months. In an accompanying News and Views, Andrey Ganopolski writes: “The last interglacial period cannot be considered as a straightforward analogue for future Greenland melt.”

doi: 10.1038/ngeo1245

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度