Research press release

森林が放出を計測している

Nature Geoscience

Forests clock emissions

森林からの炭化水素放出は植物の生物学的一日周期により支配されているとNature Geoscience (電子版)に発表される論文が示唆している。

多くの植物は、大気汚染物質のオゾンの前駆物質である炭化水素のイソプレナリンを放出している。N Hewittらは、マレーシアの多雨林とアブラヤシ農場からのイソプレナリン放出を監視した。彼らの測定は、一日の放出が内部に備わった24時間ごとの生物リズムにより調節されていることを示している。彼らは、モデルシミュレーションに24時間ごとの生物リズムを取り込むことで、森林からのイソプレナリン放出の見積もりを減少できることを示した。

関連するNews &Viewsの記事で、A Archibaldは次のように書いている。「イソプレナリン放出が24時間ごとの生物リズムで支配されていることで、観測と一致する地表レベルでのオゾンのモデルシミュレーションが可能となる」。

Forest emissions of hydrocarbons are ruled by daily biological rhythms in the plants suggests an article published online this week in Nature Geoscience.

Many plants emit the hydrocarbon isoprene, which is a precursor to the air pollutant ozone. Nick Hewitt and colleagues monitored emissions of isoprene from a rainforest and an oil-palm plantation in Malaysia. Their measurements suggest that daily emissions are regulated by an internally driven circadian clock. They show that incorporation of circadian control in model simulations reduces estimates of forest isoprene emissions.

In an accompanying News and Views, Alex Archibald writes “circadian control of isoprene emissions could bring model simulations of ground-level ozone in line with observations”.

doi: 10.1038/ngeo1271

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度