Research press release

初期火星の低温の海洋

Nature Geoscience

Cold ocean on early Mars

古代の冷たく氷河に縁取られた海洋は、火星北部の低地に見られる異常な鉱物構造を説明できるという報告が寄せられている。

A Fairenらは気候および地球化学的モデルを用いて、北部低地の初期地殻には葉状ケイ酸塩と呼ばれる鉱物群が、同じ年代を持つ南部の高地の地殻と比べてなぜ欠乏しているかを評価した。彼らの計算は、もしこれまで提案されていたように北部低地に海洋が存在していたならば、ほとんど凍結に近い状態であったことを示している。さらに、想定された海洋底の周辺の特徴は大規模な氷河の存在と一致する。凍結に近い温度と大規模な氷河は、低地の海洋底における葉状ケイ酸塩鉱物堆積層の形成を妨げたのである。

Fairenらは、そのようなシステムにより生じた北部の低地と南部の高地との間の顕著な鉱物学的差異は、軌道観測から得られた火星の鉱物学的性質とも一致すると述べている。

An ancient cold, glacier-rimmed ocean could explain the unusual mineral make-up of the martian northern lowlands, suggests a paper published online in Nature Geoscience.

Alberto Fairen and colleagues used climatic and geochemical modelling to assess why the early crust of the northern lowlands lacks a mineral group called phyllosilicates, relative to similarly aged crust in the southern highlands. Their calculations showed that if ― as previously proposed ― an ocean existed in the northern lowlands, it would have been close to freezing. Furthermore, features around the proposed ocean basin are consistent with the presence of large glaciers. Near-freezing temperatures and large glaciers would prevent the formation and deposition of phyllosilicate minerals in the lowland ocean basin.

The authors note that the distinct mineralogical difference between the northern lowlands and the southern highlands that would arise from such a system is consistent with the martian mineralogy that has been derived from satellite observations.

doi: 10.1038/ngeo1243

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度