Research press release

惑星波はタイタンの土砂降りを生じさせているか?

Nature Geoscience

Do planetary waves cause Titan’s downpours?

土星の月であるタイタンでカッシーニ探査計画により観測された壮大な形をした雲は、月の大気中の惑星波により生じたとの報告が寄せられている。このようなメカニズムにより形成された雲のパターンは、タイタンの表面に浸食により地形を作るうえで重要な高い降雨速度をもたらす可能性がある。

J Mitchellらはタイタンの大気力学過程を三次元大循環モデルによりシミュレーションし、大気波の2つの明瞭なモードが雲と降雨に組織的構造を与えていることを見いだした。これらが組み合わさって、これらのモードは局所的な平均よりも最大で20倍の降雨速度の土砂降りをもたらしうる。

News & ViewsでT Tokanoは次のように述べている。「Mitchellらのこの研究はタイタンの降雨気候学をまとめるための第一歩となるだろう」。

The spectacular cloud shapes that were observed on Saturn’s moon Titan by the Cassini mission arise from planetary waves in the moon’s atmosphere, suggests a paper published online this week in Nature Geoscience. Cloud patterns formed by this mechanism can lead to high precipitation rates that may be important in shaping Titan’s surface by erosion.

Jonathan Mitchell and colleagues simulated Titan’s atmospheric dynamics with a three-dimensional general circulation model, and found that two distinct modes of atmospheric waves organize clouds and precipitation. In combination, these modes can lead to downpours with precipitation rates of up to twenty times the local average.

In an accompanying News & Views, Tetsuya Tokano writes: “The study by Mitchell and colleagues is a first step towards assembling a precipitation climatology for Titan.”

doi: 10.1038/ngeo1219

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度