Research press release

水力発電貯水池からの炭素放出

Nature Geoscience

Carbon emissions from hydroelectric reservoirs

最近低緯度地方に作られた水力発電貯水池は、水力発電から放出される二酸化炭素とメタンという温室効果ガスの最大の原因となるとの報告が寄せられている。しかしながら、水力発電貯水池からの放出全体はこれまで考えられていたよりは少ない。

F Rolandたちは全球に分布した85の貯水池をメタ解析して、水力発電貯水池からの炭素放出は貯水池の年代とともに、また緯度とともに減少すると述べている。彼らは、最大の放出率はアマゾン地域で起きており、新しい貯水池の位置は炭素放出を最小にするように注意深く選ぶ必要があると結論している。

News & ViewsでB Wehrliは次のように述べている。「(研究チームにより)得られた全球の温室効果ガス放出率は、内陸の水源からの全球的な炭素放出の見積もりの約4%を占めているに過ぎない。水力発電を稼働させることによる温室効果ガス放出は重要ではないと片付けるには時期尚早である」。

Newly established hydroelectric reservoirs in low latitudes are the largest hydropower contributors to emissions of the greenhouse gases carbon dioxide and methane, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. However, overall emissions from hydroelectric reservoirs are lower than previously thought.

From a meta-analysis of studies on 85 globally distributed reservoirs, Fabio Roland and colleagues note that carbon emissions from hydroelectric reservoirs decrease with reservoir age, and with latitude. They find that the highest emission rates occur in the Amazon region and conclude that locations of new reservoirs should be chosen carefully to minimize carbon emissions.

In an accompanying News & Views, Bernhard Wehrli writes: “The global greenhouse gas emission rates derived by [the researchers] […] represent only about 4% of the estimated global carbon emissions from inland waters. […] It would be premature to conclude that greenhouse gas emissions of hydropower operations could be dismissed as insignificant.”

doi: 10.1038/ngeo1211

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度