Research press release

内陸の水から放出される炭素

Nature Geoscience

Carbon released from inland waters

米国の小川と河川は毎年大気に全体で97テラグラムの炭素を放出しているとの報告が寄せられている。これまで、直接測定が希少であったために、炭素循環に占める内陸水の役割には不確定性が大きかった。

D Butmanらは、米国の河川水に対する化学的性質の測定を表面積の見積もりとあわせて、これらの水路から放出される炭素量を見積もった。彼らは、二酸化炭素放出は年間降水量と正の相関があり、これは雨水による土壌からの二酸化炭素放出と小川の表面積による調節が原因であるとしている。

Streams and rivers in the United States release a total of 97 teragrams of carbon to the atmosphere each year, according to a study published online this week in Nature Geoscience. Until now, a scarcity of direct measurements has led to uncertainty about the role of inland waters in the carbon cycle.

David Butman and colleagues used measurements of stream and river water chemistry in the United States, coupled with estimates of surface area, in order to estimate the amount of carbon degassed from these waterways. They found that the release of carbon dioxide is positively correlated with annual precipitation, which they attribute to rainwater-induced flushing of carbon dioxide from soils and the regulation of stream surface area.

doi: 10.1038/ngeo1294

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度