Research press release

急速な古代の海面上昇

Nature Geoscience

Rapid ancient sea level rise

9,000年前から7,600年前に北米ローレンタイド氷床が急速に融解したことで、最大年間1.3 cmの海面上昇が起きたと、Nature Geoscience(電子版)に発表される研究が示している。このような融解をもたらした夏季の大気温度の上昇は、最近グリーンランドで報告されているものと似ており、将来における海面上昇の予測は低すぎる可能性があることを示唆している。

A Carlsonらは、海洋と陸上の記録を用いて、1万年前に始まった完新世のローレンタイド氷床の消滅を再現した。この最速の融解事件のシミュレーションは、氷床を薄くした駆動力は太陽放射の増加と夏季の温度が増加したことであったことを示している。現在の太陽放射はずっと低いが、過去数十年の間にグリーンランドでは同様な温度の増加が記録されている。

関連するNews and Viewsで、M Siddalは次のように書いている。「Carlsonらは、完新世初期に起きたローレンタイド氷床の消滅は彼等が考察した期間では非常に早く起きたことを示している。彼らの仕事は、原理的に将来の融解速度が1世紀に1 mのオーダーになることは疑いの余地がないことを示している」。

Rapid melting of North America’s Laurentide ice sheet 9,000 and 7,600 years ago caused sea level to rise by up to 1.3 cm per year, according to research published online this week in Nature Geoscience. The summer air temperature rise that led to these melt pulses is similar to that recently reported for Greenland, suggesting that predictions of future sea level rise may be too low.

Anders Carlson and colleagues used marine and terrestrial records to reconstruct the demise of the Laurentide ice sheet during the Holocene era, which started about 10,000 years ago. Their simulations of the most rapid melting episodes show that the driving factors for the thinning of the ice sheet were increased solar radiation and increasing summer temperatures. Although the radiation at present is much lower, similar temperature increases have been recorded in Greenland during the past decades.

In an accompanying News and Views, Mark Siddall writes ‘Carlson and colleagues…show that the decay of the Laurentide ice sheet in the early Holocene was extremely fast during the periods they consider…. Their work suggests that, in principle, future melt rates on the order of one metre per century are certainly not out of the question.’

doi: 10.1038/ngeo285

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度