Research press release

放射性崩壊による地球の熱流量

Nature Geoscience

Earth’s heat flux from radioactive decay

惑星内部の放射性同位元素の崩壊により生成される熱は、地球から宇宙へ放射される熱流量の約半分を占めているとの報告が寄せられている。この発見は、地球が形成された後に残った始原的な熱の供給はいまだ使い果たされていないことを示唆している。

東北大学の清水格たちは、KamLAND共同研究の一環で日本に置かれた検出器で地球ニュートリノ(電気的に中性の粒子で同位体の放射性崩壊の際に放出され、地球内部をほとんど影響を受けずに通過することができる)流量を測定した。研究者は、ウラニウム-238とトリウム-232の放射性崩壊は、併せて地球から外向きに出て行く熱流量のうちの20テラワットに寄与していることを見いだした。この値は外向きに出て行く熱の約半分に過ぎず、残りの熱流量は地球誕生以来冷え続けていることが原因であることを示唆している。

Heat generated by the decay of radiogenic isotopes inside the planet contributes about half of total flux of heat from Earth into space, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. The findings imply that the supply of residual primordial heat, left over after Earth formed, has not yet been exhausted.

Itaru Shimizu and colleagues, as part of the KamLAND Collaboration, measured the flux of geoneutrinos — electrically neutral particles that are emitted during radioactive decay of isotopes and can pass through the Earth virtually unaffected — using a detector in Japan. The researchers find that the radioactive decay of the elements uranium-238 and thorium-232 together contribute about 20 terawatts to the Earth’s outgoing heat flux. This value represents only about half of the total outgoing heat, implying that the remainder of the heat flux results from continued cooling of the Earth since its birth.

doi: 10.1038/ngeo1205

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度