Research press release

雪と氷による気候寒冷化の減少

Nature Geoscience

Reduced climate cooling from snow and ice

1979年から2008年の間に北半球で雪と氷に覆われた地域が減少したことで、このような明るい地表の被覆が太陽光を宇宙に反射することに関連して寒冷化する効果が減少したと、Nature Geoscience(電子版)に報告される。陸地の雪と海氷が、この冷却効果の減少に及ぼす寄与はほぼ同じ程度である。

M Flannerらはリモートセンシングと野外調査を用いて、北半球で大気頂上部の太陽輻射の入射と地球から宇宙へと戻る外向きの輻射との釣り合いに対する雪と氷の影響を評価した。雪と氷で覆われた反射率が特に高い領域が減少することで結果として生じる温暖化へのフィードバックは、気候モデルから得られる同様の評価よりもはるかに大きい。

The decline in snow and ice surface cover in the Northern Hemisphere between 1979 and 2008 has led to a reduction in the cooling associated with these bright surface covers reflecting sunlight back to space, according to a study published online this week in Nature Geoscience. The contributions from snow on land and sea ice to this decline in cooling were roughly equal.

Mark Flanner and colleagues used remote sensing and field observations to assess the influence of snow and ice in the Northern Hemisphere on the balance at the top of the atmosphere between incoming radiation from the Sun and outgoing radiation from the Earth back into space. The resulting warming feedback from the decline in highly reflecting regions covered by snow and ice is substantially larger than comparable assessments from climate models.

doi: 10.1038/ngeo1062

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度