Research press release

プリュームモデルに衝撃?

Nature Geoscience

A jolt to plume models?

中国の峨眉山大規模火成区底部にある広範な岩石堆積物は、これまでは急速に隆起したドームから流れ出した堆積物と解釈されてきたが、溶岩と海水との相互作用の結果として形成されたらしい、とNature Geoscience(電子版)に発表される論文が示している。この発見は約2億6,000万年前に峨眉山洪水玄武岩の噴出の引き金となったマントルプリュームと関連させるモデルの主要な仮説に疑問を投げかけている。

I U PeateとS Bryanは、詳細な地質野外調査を実施して、峨眉山地域の底部における岩石の物理的特性を記載した。彼らは、最も初期の噴出は海水面か、あるいはその近くで生じたことを発見した。プリュームモデルの特徴である、噴出の前に起きた広範なドームや地表の隆起の証拠は見つからなかった。

研究チームは、峨眉山地域では火山活動の初期にプリュームが原因の隆起は起きなかったと結論している。

Extensive rock deposits at the base of the Emeishan large igneous province in China ? previously interpreted as sediments shed from a rapidly uplifting dome ? formed as a result of interaction between lava and sea water, suggests a paper online this week in Nature Geoscience. These findings challenge a major assumption of models that implicate a mantle plume in triggering the Emeishan flood basalt eruptions ~260 million years ago.

Ingrid Ukstins Peate and Scott Bryan conducted detailed geological fieldwork and documented the physical characteristics of rocks at the base of the Emeishan province. They found that the earliest eruptions occurred at or near sea level. They found no evidence of extensive doming and uplift of the land surface prior to the eruptions ? a hallmark of plume models.

The team concludes that the Emeishan province did not undergo plume-induced uplift before the onset of volcanism.

doi: 10.1038/ngeo281

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度