Research press release

岩屑流が成長する理由

Nature Geoscience

How debris flows grow

湿った土地の上を動く地滑りは、流れの重さが堆積物粒子間の水圧を増加させるので運動量を得る。このことにより、流れの底で摩擦が減少し、質量を得て速度が増すことになるとの報告が寄せられている。

R Iversonらは、独自の95メートルの長さをもつ水路を用いて、地滑りが成長したり遅くなったりするメカニズムを評価した。彼らは、質量と速度が増加するためのカギは、底にある湿った堆積層の存在であることを見いだした。すなわち、乾いた土の上を動く岩屑流は、底が湿った上を動く場合よりも、物質も速度も増加は少ないのである。

多くの地滑りは強い降雨や融雪が引き金となって起きるが、このメカニズムは地滑りの規模が劇的に増大する理由の一部を説明できる。

Landslides moving over wet ground gain momentum because the weight of the flow increases the water pressure between sediment grains. This lubricates the base of the flow, causing it to gain mass and speed, reports a paper published online this week in Nature Geoscience.

Richard Iverson and colleagues used a unique, 95-metre-long flume to assess the mechanisms by which landslides grow or slow. They found that the key to growth in mass and speed was the presence of a wet sediment bed; debris flows moving over dry dirt gained less material and speed than those moving over a wet base.

Many landslides are triggered by intense rainfall or snowmelt, and this mechanism can, in part, explain how they grow dramatically in scale.

doi: 10.1038/ngeo1040

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度