Research press release

ギザギザしたエウロパは宇宙船の着陸を困難にする

Nature Geoscience

Jagged Europa may complicate spacecraft landings

木星の氷衛星エウロパの赤道地域は数メートルの高さがある氷の刃で覆われている可能性があることを報告する論文が、今週掲載される。このようなギザギザの地形は、将来この衛星への着陸を試みる宇宙探査計画の障害となるだろう。

エウロパの表面下にある海は、地球外生命を探索する上で有望な目標となっている。しかし、この氷で覆われた衛星に探査機が安全に着陸するのがどれほど容易かはよく分かっていない。エウロパの表面は溝や嶺によって分断されており、このような特徴的地形の間の氷がどの程度平坦であるかを特定するのに十分な高解像度の画像は得られていない。アンデス山脈などの地球上の極端に寒冷で乾燥した条件では、太陽光線によって氷と雪の一部が昇華(最初に融解することなく水蒸気となる)し、「ペニテンテス」と呼ばれる独特の尖った刃状の構造が形成される。ペニテンテスが存在する証拠は冥王星でも観察されており、このようなギザギザの地形は、エウロパを含む氷の世界では一般的である可能性を示唆している。

Daniel Hobleyたちは今回、エウロパ表面における水氷の昇華速度を計算し、衝突事象や荷電粒子衝撃などの衛星表面に作用する他の浸食過程と比較した。その結果、昇華はより粗い表面を作るが、他の過程は地表を平坦にする効果があることが分かった。Hobleyたちは、赤道地域では昇華が主要な浸食過程であり、ペニテンテスを形成するために十分であることを明らかにした。彼らはまた、時間とともに最大15メートルのペニテントが約7メートルの間隔で形成される可能性があり、将来エウロパへの探査を計画する際に考慮すべき危険な地形が作り出されていると示唆している。

Blades of metres-tall ice may cover the equatorial regions of Europa, Jupiter’s frozen moon, reports a study published online this week in Nature Geoscience. Such jagged terrains would pose a hazard to any future space mission landing on the moon.

Europa’s subsurface ocean makes it a promising target in the search for extraterrestrial life. However, it is unclear how easy it would be to safely land a spacecraft on this icy moon. Europa’s surface is fragmented by grooves and ridges and we lack sufficiently high-resolution imagery to determine how smooth the ice is between these features. In extreme cold and dry conditions on Earth, such as those encountered in the Andes, the Sun’s rays can cause parts of the ice and snow to undergo sublimation - becoming water vapour without melting first - leaving behind distinctive, blade-like formations called ‘penitentes’. Evidence of penitentes has also been seen on Pluto, suggesting that such jagged terrains may be common on icy worlds - including Europa.

Daniel Hobley and colleagues calculated the sublimation rates of water ice across Europa’s surface and compared these to the other erosional processes - such as impact events and charged particle bombardment - that act on the moon’s surface. Sublimation would produce rougher surfaces, whereas the other processes would have a smoothing effect. The authors find that, in equatorial regions, sublimation should be the main erosional process, and is sufficient to sculpt penitentes. Over time, they suggest, penitentes of up to 15 metres tall spaced about 7 metres apart could form - creating a treacherous terrain that will need to be considered when planning future missions to Europa.

doi: 10.1038/s41561-018-0235-0

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度