Research press release

アイスランドのマントル・プリュームは海洋に影響を及ぼす

Nature Geoscience

Icelandic mantle plume influences the ocean

アイスランド下で上昇するマントル・プリューム内の温度変動は、海底にV字型の海嶺を形成し深海の海流分布に影響を及ぼしている可能性があるとの報告が寄せられている。

N Whiteらは、アイスランド近傍の海底地形の高まりにあるV字型の海嶺から得られた岩石試料の地球化学的性質を測定した。彼らは、岩石の地球化学的性質の変動は、地下のプリューム内で上昇し、外向きに放射状に広がる異常に高温な小塊状マントルにより最もよく説明できることを示した。

研究チームはまた過去700万年にわたるアイスランドのマントル・プリュームの温度変動は海底の間欠的な隆起をもたらし、北大西洋の海洋循環のパターンを調節した可能性があることを示している。

Temperature variations in the upwelling mantle plume below Iceland may have formed V-shaped ridges on the ocean floor and influenced the patterns of deep ocean currents, reports a paper published online this week in Nature Geoscience.

Nicky White and colleagues measured the geochemistry of rock samples taken from the V-shaped ridges of high topography on the sea bed near Iceland. They show that variations in rock geochemistry can best be explained by blobs of unusually hot mantle rising up in the underlying plume and spreading outwards radially.

The team also shows that variations in the temperature of the Iceland mantle plume over the past 7 million years could have driven episodic uplift of the sea floor that, in turn, moderated the ocean circulation patterns in the North Atlantic Ocean.

doi: 10.1038/ngeo1161

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度