Research press release

古代の温暖期におけるゆっくりとした炭素放出

Nature Geoscience

Slow release of carbon during ancient warming

暁新世-始新世温度極大期(PETM)における炭素放出の最大速度は今日の値よりもずっと低かったとの報告が寄せられている。PETM(約5600万年前に起きた古代の温暖化事件)は、将来の気候変動に対する類似型とされることがある。しかしながら、この発見はこの気候事件はこれまで推測されていたような急激な環境変動ではない可能性を示唆している。

Y Cui、L Kumpらは堆積層記録と計算機モデルを組み合わせて、約17万年間継続したPETMにおける炭素放出の時期と大きさを評価した。シミュレーションは、炭素は3回のパルスにより付加され、これらのパルスにおける炭素放出は年間約1.7ペタグラム以上の速度とはならないことを示している。比較のために現在の化石燃料による炭素放出を示すと、それは年間8ペタグラムを超えている。

研究チームは、PETMにおける炭素の放出量は、現在利用可能と見積もられている埋蔵された化石燃料の全量を燃焼させた時に大気に注入されうる量とほぼ等しいと指摘している。

The peak rate of carbon emissions during the Palaeocene-Eocene Thermal Maximum (PETM) was far lower than that of today, suggests a paper published online in Nature Geoscience. The PETM — an ancient warming event that occurred about 56 million years ago — is often cited as a potential analogue for future climate change. However these findings indicate that this event may not represent as abrupt a rate of environmental change as previously suspected.

Ying Cui, Lee Kump and colleagues combined sediment records and computer modelling to assess the timing and magnitude of carbon release during the PETM, which persisted for about 170,000 years. Their simulations suggest that the carbon was added in three pulses and that the rate of emissions during these pulses did not exceed around 1.7 petagrams of carbon per year. In comparison, current fossil fuel emissions exceed 8 petagrams of carbon per year.

The researchers point out that the amount of carbon released during the PETM is approximately the same quantity that could be injected to the atmosphere if we burnt the full amount of fossil fuel stocks currently estimated to be available.

doi: 10.1038/ngeo1179

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度