Research press release

改善された地震危険度地図の必要性

Nature Geoscience

Better earthquake risk maps needed

過去120年間に地震による死亡率が最も高かったのは、地震動が必ずしも予想されていなかった大陸の内部であった。したがって、既知の地震帯から離れた場所の断層と地震危険度を位置付けるために、協力して努力することが必要であるというCommentaryが、Nature Geoscience (電子版)に掲載される。Philip EnglandとJames Jacksonは過去120年間に1,000人以上の死者が出た130個の地震の位置を分類した。プレート境界上のよく知られた地震帯で起きた地震では死者は約80万人であるのに対し、大陸内部の地震があまり予想されていなかった所の死者は、およそ140万人であった。さらに、強い揺れにさらされた人々の死亡率は大陸内部の方が顕著に高かった。著者らは、ユーラシア大陸をまたいで広がっているアルプス-ヒマラヤ地域などの大陸内部における地震危険度図を作ることに科学的な優先度を置くべきと催促しており、その結果、危険にさらされている社会が災害からの復興を改善するためにその資源をどこに集中すべきか、情報に基づいた決断をすることができるとしている。

The highest death rates in earthquakes of the past 120 years occurred in locations in the continental interior, where shaking was not necessarily anticipated. A concerted effort is therefore needed to map faults and seismic risk away from the known earthquake zones argues a Commentary online this week in Nature Geoscience.Philip England and James Jackson classify by location 130 earthquakes of the past 120 years that killed more than 1,000 people. Those in well-known seismic zones on plate boundaries caused about 800,000 deaths, whereas those in less expected locations in the continental interior killed around 1.4 million people. Furthermore, death rates among people exposed to severe shaking were substantially higher in the continental interior.The authors urge to focus scientific priority on mapping seismic risk in interior regions, such as the Alpine-Himalayan region that stretches across Eurasia, so that societies at risk can make informed decisions on where to concentrate their resources for improvements in resilience.

doi: 10.1038/ngeo1168

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度