Research press release

温暖化を1.5℃に制限することと適合する炭素放出

Nature Geoscience

Carbon emissions compatible with limiting warming to 1.5 °C

パリ協定により設定された1.5℃の目標を達成することは不可能ではないが、現在の排出削減に対する公約を強化することが必要になるだろうということを示唆する研究結果が今週掲載される。この論文は、この目標に適合するために残された炭素排出予算はこれまで考えられていたよりも大きいことを示している。

人類由来の温暖化は、2015年の全球平均地表温度を19世紀半ばよりも約0.93℃上昇させている。

Richard Millarたちは、単純な炭素-気候モデルを、気候システムの主要な特性および現在の気候状態と共に用いて、温暖化を1.5℃に制限することと適合する残された炭素予算を評価した。著者たちは、二酸化炭素放出を継続して下方に調節して将来の総炭素放出量を250から540GtCにするだけでなく、二酸化炭素以外の温室効果ガスを大胆に削減することが、2100年までに温暖化を産業革命前と比較して1.5℃に制限することと適合すると計算している。彼らは、透明な方法に基づく人類起源の温暖化の定期的な更新が、各国の気候変動低減への公約を調整することに役立つだろうと示唆している。

同時掲載されるGunnar MyhreらのCorrespondenceによると、大気中二酸化炭素濃度の人類起源の増加による温室効果は、産業革命以前の条件と比較して2倍になるまでの中間点に達している。濃度自体はまだ中間点には達していないが、これは全球温暖化が展開していく上での象徴的な地点である。

Although meeting the 1.5 °C temperature target set by the Paris Agreement would not be impossible, it will probably require a strengthening of current pledges for emissions reductions, suggests a study published online in Nature Geoscience this week. The paper indicates that the remaining allowable carbon emission budget that is compatible with this target is larger than originally thought.

Human-induced warming led to global mean surface temperatures in 2015 that were about 0.93 °C higher than in the mid-nineteenth century.

Richard Millar and colleagues used a simple carbon-climate model together with key properties of the climate system and the present-day climate state to assess remaining carbon budgets that are compatible with limiting warming to 1.5 °C. With ambitious mitigation of greenhouse gases other than carbon dioxide as well as continuous downward adjustments of carbon dioxide emissions, future net carbon emissions as large as 250 to 540 GtC could be compatible with limiting warming to 1.5 °C above pre-industrial temperatures by 2100, the authors calculate. They suggest that regular updates of human-induced warming based on a transparent methodology will help countries to adjust their commitment to climate change mitigation.

Also published online in Nature Geoscience this week is a Correspondence by Gunnar Myhre and colleagues, who find that the greenhouse effect caused by human-induced increases in atmospheric carbon dioxide concentrations is now half-way to doubling, compared to pre-industrial conditions. Although the concentrations themselves have not yet reached the halfway mark, this marks an iconic point as global warming unfolds.

doi: 10.1038/ngeo3031

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度