Research press release

人類起源の気候温暖化に対する独立した確証

Nature Geoscience

Independent confirmation of human-induced climate warming

20世紀半ばから観測されている気候温暖化の少なくとも74%は人間活動により生じている可能性がきわめて高いとの報告が寄せられている。この結果は、これまでに独立した補足的な手法により得られた結論を裏付けるものである。 R KnuttiとM Huberは、地球のエネルギー収支の評価に基づいて、20世紀後半に観測された温暖化に対する人類の寄与を見積もった。彼らは、1950年以降の温室効果ガスの放出は約0.85℃の温度上昇をもたらしたことを見いだした。同じ時期にエアロゾルは地球をおよそその半分の量だけ冷やしてきた。 これまで人類活動が原因となった温度上昇の見積もりは、さまざまな原因による空間的および時間的な温暖化のパターンを正確にシミュレーションする気候モデルの能力に依存してきた。新しい結果は、この仮定に基づいておらず、したがって最近の温度上昇に対する人類起源の原因の重要性をさらに確実なものとしている。

At least 74% of the climate warming observed since the mid-twentieth century is extremely likely to be caused by human activities, according to a study published online this week in Nature Geoscience. The results confirm earlier findings using independent and complementary methodology. Reto Knutti and Markus Huber estimated the human contribution to the observed warming in the second half of the twentieth century, based on an assessment of the Earth’s energy balance. They find that since 1950, greenhouse gas emissions have led to a temperature increase of about 0.85 °C. Over the same period, aerosols cooled the Earth by about half that amount. Earlier attributions of temperature increases to human action relied on the ability of climate models to accurately simulate spatial and temporal warming patterns from different causes. The new results are not based on this assumption, and therefore substantially raise confidence in the importance of human-induced causes of the recent temperature rise.

doi: 10.1038/ngeo1327

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度