Research press release

アンデス山脈東部の予想以上に高い地震危険度

Nature Geoscience

Unexpectedly high earthquake risk east of the Andes

南サブアンデス山脈地帯に住む200万人以上の人々は、これまで考えられていたよりも高い地震危険度にさらされているという研究成果が示された。予想される最大の地震のマグニチュードを7.5と見積もった最近の災害評価とは逆に、この論文ではその地域ではマグニチュード8.7から8.9の地震が起きうると見積もっている。 Benjamin BrooksらはGPSデータを用いて、アンデス山脈東斜面に沿ったサブアンデス縁辺域で地球表面の動きを調査した。彼らは、西から東にかけて地表の速度が急激に減少していると報告している。これらのデータから、著者らはこの地域の東側浅部は現在約100kmの長さにわたって固着しており、その地域でテクトニックプレートがゆっくりと互いに逆方向に動くにつれて応力が高まることになると結論している。固着した部分全体が1回の地震で破壊すると最大でマグニチュード8.9の地震の揺れを起こすと彼らは見積もっている。

More than two million people living in the southern Subandean mountain ranges are exposed to significantly higher seismic risk than previously thought, suggests a study online this week in Nature Geoscience. Contrary to a recent hazard assessment ? estimating a maximum expected earthquake magnitude of 7.5 ? the paper suggests a quake of magnitude 8.7 to 8.9 is possible in the region.Benjamin Brooks and colleagues used GPS data to map movement of the Earth’s surface in the Subandean margin, along the eastern flank of the Andes Mountains. They report a sharp decrease in surface velocity from west to east. From these data, the researchers conclude that the shallow section in the east of the region is currently locked in place over a length of about 100 km, allowing stress to build up as the tectonic plates in the region slowly move against each other. Rupture of the entire locked section by one earthquake could result in shaking of magnitudes up to 8.9, they estimate.

doi: 10.1038/ngeo1143

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度