Research press release

衝突で生成されたタイタンの窒素

Nature Geoscience

Impact-generated nitrogen on Titan?

土星の月であるタイタンの大量の窒素大気は、40億年前の後期重爆撃期に惑星への衝突により生成された可能性があることが研究により示された。この結果は、比較的温度の低い惑星本体に異常に厚い大気が形成された理由を説明できるかもしれない。 関根康人はレーザー銃実験を用いて、衝突で起きるアンモニアの氷から窒素への変換によってタイタンで窒素が形成される可能性を調べた。彼らは、タイタンは現在の大気を維持するために十分な窒素をこのような方法で獲得できることを見つけた。著者らは、このメカニズムが実際にタイタンの窒素大気形成の原因となっているならば、月の窒素は地球の窒素の生成源とは全く異なった生成源を持つことになると結論している。 関連したNews and ViewsでCatherine Neishは「関根たちの提案は将来の研究の焦点を定める検証可能な仮説を提供している」と述べている。

The massive nitrogen atmosphere on Saturn’s moon Titan could have been generated by planetary impacts during the period of Late Heavy Bombardment four billion years ago, according to a study online this week in Nature Geoscience. The results could explain the unusual formation of a thick atmosphere on a relatively cool planetary body.Yasuhito Sekine investigated the plausibility of nitrogen formation on Titan through impact-induced conversion of ammonia ice to nitrogen, using laser gun experiments. They found that Titan could have acquired enough nitrogen in this way to sustain the current atmosphere. The researchers conclude that if this mechanism is indeed responsible for the formation Titan’s nitrogen atmosphere, the moon’s nitrogen was derived from a source distinct from that for Earth.In an accompanying News and Views, Catherine Neish says: “Proposals such as the one introduced by Sekine and colleagues provide testable hypotheses that will focus future research.”

doi: 10.1038/ngeo1147

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度