Research press release

マングローブでの大きな炭素貯蔵

Nature Geoscience

Large carbon stocks in mangroves

マングローブの森は大量の炭素を地下に貯蔵できることが、Nature Geoscience(電子版)に発表される。マングローブの森の面積は過去50年の間に森林伐採のために30~50%減少している。

D Donatoらは、インド太平洋地域において25箇所のマングローブの森林で炭素保有量を調べた。彼らは、マングローブは熱帯地域で最も炭素に富んだ森林の一つであることを示した。ほとんどの炭素は堆積層の下に保存されている。彼らはマングローブの伐採により年間0.02~0.12ペタグラムの炭素吸収の損失が生じていると見積もっており、これは全球の森林伐採が原因となった炭素放出の最大10%に匹敵する。

関連するNews & Viewsの記事でS Bouillonは、この発見が、「マングローブ生態系は第一に保全すべき地域として考慮するための強い動機を与えている」と論じている。

Mangrove forests store large amounts of carbon below ground, according to a study published online this week in Nature Geoscience. The areal extent of mangrove forests has declined by 30-50% over the past half century as a result of deforestation.

Daniel Donato and colleagues examined the carbon content of 25 mangrove forests across the Indo-Pacific region. They show that mangroves are among the most carbon-rich forests in the tropics; most of the carbon is stored below ground in sediments. They estimate that mangrove deforestation generates a loss of 0.02-0.12 petagrams of carbon per year, which is equivalent to up to 10% of carbon emissions from global deforestation.

In an accompanying News & Views article, Steven Bouillon argues that the findings “provide a strong incentive to consider mangrove ecosystems as priority areas for conservation”.

doi: 10.1038/ngeo1123

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度