Research press release

パタゴニア氷河から得られた加速する海面上昇

Nature Geoscience

Accelerating sea-level rise from Patagonian glaciers

パタゴニア氷原の融解速度は20世紀にはその前の数世紀よりも顕著に大きかったとの報告がNature Geoscience(電子版)に寄せられている。 N GlasserとS Harrisonらは、パタゴニア氷原の北部と南部で氷の損失量、すなわち小氷期以降に海洋に流入した融解水の量を見積もった。氷河の広がりは北部では 1870年に、また南部では1650年に最大となった。彼らは、この最大値が起こった後では、北部と南部の氷原はそれぞれ年間1000分の数ミリ程度の海面上昇に寄与しているだけであることを見つけた。 この長期にわたる海面上昇の見積もりは、過去50年間に対する見積もりよりも1桁小さいものであり、融解速度は20世紀になって大きく増加したことを示唆している。

The rate of melting in the Patagonian Icefields was markedly higher in the late twentieth century than the preceding few centuries reports a paper published online in Nature Geoscience.

Neil Glasser, Stephan Harrison and colleagues estimated the amount of ice loss in the northern and southern Patagonian Icefields, and hence the amount of meltwater entering the oceans, since the Little Ice Age. Maximum glacier extent occurred in 1870 in the north and 1650 in the south. They found that following this maximum, the northern and southern icefields were responsible for a sea-level rise of just a few thousandths of a millimetre per year, respectively.

This estimate of long-term sea-level rise is one order of magnitude lower than estimates for the past 50 years, suggesting that the rate of melting has increased substantially over the twentieth century.

doi: 10.1038/ngeo1122

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度