Research press release

エチオピアで進行している大陸分裂

Nature Geoscience

Progressive continental breakup in Ethiopia

大陸分裂の初期段階では、エチオピアの下から地殻とマントルに供給されるマグマのために、地殻が顕著に薄くなることがなく、テクトニック・プレートが拡大できるとの報告が寄せられている。拡大時期が長くなった後にテクトニック・プレートの薄化と伸張が引き続いて起こり、地表では大量の溶岩の噴出が、海面下では土地の沈降が生じることになる。I BastowとD Keirは、アフリカ大陸の断裂が出現している地域であるエチオピアで観測されるマグマおよびテクトニクス活動の時期と空間分布を解析した。その結果、断層運動、伸張およびマグマ貫入はすべて重要だが、大陸分裂の際にはそれぞれ異なった時期に現れることが明らかになった。

During the early stages of continental breakup, injection of magma into the crust and mantle below Ethiopia has allowed the tectonic plate to extend without marked thinning of the crust, suggests a study published online this week in Nature Geoscience. This prolonged period of extension is now being followed by stretching and thinning of the tectonic plate, causing voluminous lava eruptions at the surface, and subsidence of the land below sea level. Ian Bastow and Derek Keir analysed the timing and spatial distribution of magmatic and tectonic activity observed in Ethiopia ― a region where rifting of the African continent is well exposed. The researchers found that faulting, stretching and magma intrusion are all important, but each at different times during the breakup of the continent.

doi: 10.1038/ngeo1095

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度