Research press release

サンアンドレアス断層の弱点

Nature Geoscience

Weakness in the San Andreas Fault

サンアンドレアス断層のカリフォルニア中央部の部分は、断層帯の鉱物が弱い摩擦しか生じさせないために急激なすべりによる地震を発生させるのではなく、クリープしていることを示唆する研究成果が報告された。断層帯から得られた試料はまた、断層を満たしている物質の結合は周囲の岩石と違って破壊後も回復することがなく、断層の弱化を助長していることを明らかにしている。

B Carpenterらは、サンアンドレアス断層で活動的にすべりが生じている深さ2.7 kmのところから得られた試料を分析した。その結果、断層の摩擦強度と回復速度の両方は断層帯にわたって系統的に変化しており、現在断層がクリープしている部分で最も低いことがわかった。

The central-California section of the San Andreas Fault creeps rather than generating large earthquakes in sudden slip events because minerals in the fault zone exert only weak friction, suggests a study published online this week in Nature Geoscience. The samples from the fault zone also revealed that, unlike in the surrounding rock, bonds in the material that fills the fault do not heal after rupture, adding to the fault’s weakness.

Brett Carpenter and colleagues analysed samples obtained at 2.7 km depth from an actively slipping part of the San Andreas Fault. The researchers found that both the frictional strength of the fault and the rate of healing varied systematically across the fault zone, and was lowest where the fault creeps at present.

doi: 10.1038/ngeo1089

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度