Research press release

鈍感な気候モデル

Nature Geoscience

Insensitive climate models

気候変動に関する政府間パネルの評価に用いられた最先端の気候モデルは、将来の急激な変動については誤った安心感を与える可能性があることを示唆するCommentaryが、Nature Geoscience(電子版)に掲載される。

P Valdesは、古気候データから再現された過去5500万年にわたる急激な気候変動について、4つの例を論じている。そのうちの2つの場合では、将来の気候変動の評価に用いられた複雑な気候モデルは変化の始まる前の条件を正しくシミュレーションしていなかった。もう2つの場合では、過去の気候記録に見られるような変動を生じさせるためにはモデルは非現実的な強さの一押しを必要とした。

Valdesは、最先端の気候モデルは急激な気候変動の可能性について系統的に過小評価している可能性がある、と結論している。

State-of-the-art climate models, as used in the assessments of the Intergovernmental Panel for Climate Change, could be giving a false sense of security in terms of upcoming abrupt change, suggests a Commentary online this week in Nature Geoscience.

Paul Valdes discusses four examples of abrupt climate change spanning the past 55 million years that have been reconstructed from palaeoclimate data. In two of the cases, complex climate models used in the assessments of future climate change did not adequately simulate the conditions before the onset of change. In the other two cases, the models needed an unrealistically strong push to produce a change similar to that observed in records of past climate.

The author concludes that state-of-the-art climate models may be systematically underestimating the potential for sudden climate change.

doi: 10.1038/ngeo1200

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度