Research press release

サンアンドレアス断層南部の洪水が引き起こした地震

Nature Geoscience

Flood-induced earthquakes on the southern San Andreas fault

サンアンドレアス断層南端にある古代湖で時々起こった洪水は、断層に隣り合った一連の小地震の引き金になったと報告されている。そして、こうした地震がその近くのサンアンドレアス断層の応力状態を変化させて、破壊を生じさせるのである。

D Brothersらは、カリフォルニア州ソルトン谷カウィーア古代湖に堆積した堆積物の地震学的画像を提示している。データは、過去1200年の間にコロラド川によって時々湖の洪水が起こり、湖の下にある小断層で起きる地震の引き金となったことを示している。洪水の起こった時期とサンアンドレアス断層南部で起こった大地震とは200〜300年以内の相関があり、モデル研究は関連性があることを示している。したがって、過去100年にわたって、ソルトン谷でコロラド川の洪水を防ぐために行われた工事は、サンアンドレアス断層南部の現在の地震活動が小康状態となっていることの原因となっている可能性がある。

Episodic flooding of an ancient lake at the southern end of the San Andreas fault triggered a series of small earthquakes adjacent to the fault, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. In turn, the earthquakes could have altered the state of stress on the nearby San Andreas fault, causing it to rupture.

Daniel Brothers and colleagues present seismic images of sediments deposited in the ancient Lake Cahuilla in the Salton Trough, California. The data show that episodic flooding of the lake by the Colorado River during the past 1,200 years, triggered earthquakes on small faults underlying the lake. The timing of the flood events correlates with large earthquakes on the southern San Andreas fault, to within a few hundred years, and modelling shows there could be a link. It is therefore possible that human engineering of the Colorado River to prevent flooding of the Salton Trough over the past century has contributed to the lull in seismic activity currently experienced by southern parts of the San Andreas fault.

doi: 10.1038/ngeo1184

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度