Research press release

セメントは炭素を放出するだけではない

Nature Geoscience

Cement carbon emissions not set in concrete

過去70年間にセメント生産の際に排出されたCO2のほぼ半分に匹敵する量が、その後のセメント生産物の中に閉じ込められているとの報告が、今週のオンライン版で発表される。

セメント生産によるCO2放出量は、化石燃料燃焼と工業的過程によるCO2放出量全体の5%を占めている。セメント生産は焼成と呼ばれる過程を通してCO2を放出する。この逆の過程(炭酸化として知られる)では、CO2がセメント生産物により吸収される。しかしながら、炭酸化は一般的にはセメントのカーボンフットプリントを評価する上では考慮されておらず、温室効果ガス目録に対する気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のガイドラインではセメント製造過程におけるCO2放出量を定量化する方法を提供しているが、セメント物質の炭酸化によるCO2吸収は考慮していない。

Zhu Liuたちは、セメントの特性に関する新しいデータと既存のデータを用いて、4種類の異なるセメント物質により耐用年数、解体および二次利用の際に全球上で封鎖されるCO2量を数学的にモデル化した。彼らは、4.5ギガトンの炭素が1930年から2013年の間に封鎖されたと見積もっており、これはこの期間に焼結により放出されたCO2の43%に匹敵する。

Liuたちは、セメント生産は長い間重要な人工的CO2排出源であると考えられてきたが、本論文で示されたCO2吸収に関する見積もりによって、セメントは生産された後には重要なCO2吸収源にもなることが示唆されていると指摘している。

The equivalent of almost half of the CO2 produced during cement production in the past 70 years has subsequently been sequestered in cement products, reports a paper published online in Nature Geoscience this week.

Cement production accounts for 5% of all CO2 emissions from fossil fuel combustion and industrial processes. Cement production releases CO2 through a process called calcination. In the reversal of this process - known as carbonation - CO2 is taken up by cement products. However, carbonation has generally not been considered in assessments of cement’s carbon footprint, and although the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) Guidelines for National Greenhouse Gas Inventories provides methods for quantifying CO2 emissions during the cement production process, they do not consider CO2 absorbed by carbonation of cement materials.

Zhu Liu and colleagues used new and existing data on cement characteristics to mathematically model the amount of CO2 sequestered globally by four different cement materials during their service life, demolition and secondary use. They estimate that 4.5 gigatons of carbon were sequestered between 1930 and 2013, which is equivalent to 43% of the CO2 emitted from calcination during that period.

They note that cement production has long been considered an important source of anthropogenic CO2,but that their estimates of CO2 uptake presented here suggest that, following its production, cement also becomes an important CO2 sink.

doi: 10.1038/ngeo2840

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度