Research press release

CO2放出量の改訂

Nature Geoscience

CO2 emissions update

全球の化石燃料による二酸化炭素放出は、金融危機の結果、2008〜2009年に1.3%減少したとする記事(Correspondence)が、Nature Geoscience(電子版)に掲載される。この減少は、2009年にNature Geoscienceに発表された論文が予測した値の半分にすぎないが、その原因の一部は、国内総生産の1単位当たりの化石燃料放出量である炭素強度の減少が仮定よりも小さかったためである。

今回P Friedlingsteinらは、国レベルでのエネルギー消費統計を分析し、それを二酸化炭素放出量に変換した。彼らは、2008〜2009年の二酸化炭素放出量の変化は国ごとに大きく変動しており、ヨーロッパ、日本、北米では7〜12%の減少であり、中国などのような新興経済国では大きく増加していることを見いだした。

Global carbon dioxide emissions from fossil fuels declined by 1.3% between 2008 and 2009 as a result of the financial crisis, concludes a correspondence online this week in Nature Geoscience. The decrease is only half as large as the figure predicted in a 2009 Nature Geoscience paper* partly because reductions in carbon intensity — the amount of fossil fuel emissions per unit of gross domestic product — were smaller than assumed.

Pierre Friedlingstein and colleagues analysed statistics on energy consumption at the country level, and converted those to carbon dioxide emissions. They found that the change in carbon dioxide emissions between 2008 and 2009 varies significantly by country, with decreases between about 7 and 12 % in Europe, Japan and North America, and substantial increases in emerging economies such as China.

doi: 10.1038/ngeo1022

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度