Research press release

より速く強力になる台風

Nature Geoscience

Typhoon intensity is rising fastest for landfalling storms

過去数十年間に、東および東南アジアに上陸した台風は海岸近くの海面温度が上昇した結果として強力になったとの研究結果が今週のオンライン版に発表される。この発見は、大気中の温室効果ガス濃度が上昇することで予想される海水面のさらなる温度上昇により、中国本土、台湾、韓国および日本は今後さらに被害の大きい台風を経験することになると示唆している。

台風強度の地域的変化を同定することは、利用可能なデータの不整合のために困難であった。特に、最も強い2つの部類の台風については年ごとの嵐の発生数の傾向に矛盾が見られている。

Wei MeiとShang-Ping Xieは手法の違いを補正することでデータの矛盾を解消し、過去38年間で強力な台風へと大きく変化したことを発見した。クラスター分析を用いて、Meiたちは上陸した台風は海上にとどまるものよりも力を増すことを発見した。また、Meiたちは、この変化は一定の速度での長期に及ぶ強力化ではなく、より速い強力化に起因していると考えている。

Landfalling typhoons that strike East and Southeast Asia have intensified over the past decades as a result of a warming ocean surface near the coasts, reports a study published online this week in Nature Geoscience. With further sea surface warming projected as atmospheric greenhouse gas concentrations increase, the findings suggest that mainland China, Taiwan, Korea and Japan are likely to experience more damaging typhoons in the future.

Regional changes in typhoon intensity have been difficult to identify because of inconsistencies in the available data. In particular, contradictory trends in the annual number of storms were identified for the two strongest categories of typhoons.

Wei Mei and Shang-Ping Xie reconciled the data by correcting for differences in methodology, discovering a substantial shift towards more intense typhoons over the past 38 years. Using a cluster analysis, they found that landfalling typhoons show much stronger intensification than those that stay over the ocean. They attribute these changes to faster intensification, as opposed to a longer period of intensification at the same rate.

doi: 10.1038/ngeo2792

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度