Research press release

氷河と河川の栄養素

Nature Geoscience

Glaciers and river nutrients

アラスカ南東部の沿岸流域に流れ込む栄養物の濃度は、一部は河の集水域を覆う氷河の広がりによって支配される、とNature Geoscience(電子版)に発表される研究が示している。これらの河は、沿岸の生態系に栄養素と真水を供給している。したがって、アラスカ南東部で氷河の覆う量が変わると、近くの河で栄養素の濃度に影響を及ぼす可能性があり、アラスカ湾に沿った海岸の生態系の栄養素の動態を変えることができる。

E HoodとD Scottは、アラスカ湾に沿った氷河の覆う量が異なった3カ所の流域で試料を採取した。彼らは、氷河の覆う量が大きいことは河川へのリンの入力が増加することと関連があり、氷河の量が小さいと流域により多くの有機物が流入することを発見した。最近氷河が後退した地域は、新しく地表に露出した土地の上に植物群落が発生することにより、窒素レベルが一時的に増加している。

The concentration of nutrients entering coastal watersheds in southeast Alaska is in part controlled by the extent of glacial coverage in the river catchment area, according to research published online this week in Nature Geoscience. These rivers supply coastal ecosystems with nutrients and fresh water. Changing levels of glacial coverage in southeast Alaska could therefore potentially affect nutrient concentrations in nearby rivers and alter the nutrient dynamics of coastal ecosystems along the Gulf of Alaska.

Eran Hood and Durelle Scott sampled three adjacent watersheds along the Gulf of Alaska with differing levels of glacial coverage. They found that higher levels of glacial coverage were associated with increased phosphorous input to the rivers, whereas smaller glacial extent led to more organic matter entering the watershed. Areas of recent glacial retreat had temporarily increased levels of nitrogen, owing to the colonization of plants on the newly exposed terrain.

doi: 10.1038/ngeo280

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度