Research press release

熱波と土壌水分

Nature Geoscience

Heatwaves and soil moisture

極度の高温はヨーロッパ中央部ではなく、南東部の土壌水分が低いことと関係があるとの報告が寄せられている。このことは、気候モデルはヨーロッパ南東部における関連性を正しく表現しているが、ヨーロッパ中央部では関連性を過大評価していることを示している。

M Hirschiらは、土壌水分と温度の観測指標を解析した。彼らは、比較的湿潤なヨーロッパ中央部とより乾燥しているヨーロッパ南東部の地域を比較して、土壌の水分は乾燥地域では極端な夏季の酷暑の発生に影響を及ぼすが、湿潤な領域では弱い関連性のみが検出されることを見つけた。土壌水分はより長い時間スケールを経て確立するので、土壌水分の不足が極端な熱波に及ぼす影響は早期警報システムの開発に役立つ可能性がある。

関連するNews and ViewsでL Alexanderは「Hirschiらの研究は、ある地域では最も極端な気候事件の予測が改善される可能性があることを示唆している」と述べている。

Extremely hot temperatures have been linked to low soil moisture in southeastern Europe, but not in central Europe, finds an observation-based study online this week in Nature Geoscience. This shows that climate models correctly represent the relationship in southeastern Europe, but have overestimated the links in central Europe.

Martin Hirschi and colleagues analysed observational indices for soil moisture and temperature. They compared the relatively wet central European region with a dryer area in southeastern Europe and found that, whereas soil moisture affected the occurrence of extreme summer heat in the dryer regime, only a weak relationship was detected in the wet domain. Because soil moisture builds up over longer timescales, an impact of soil moisture deficits on extreme heatwaves could help with the development of early-warning systems.

In an accompanying News and Views, Lisa Alexander says “The study by Hirschi and colleagues [...] suggests that in some regions [...], prediction of the most severe events could be improved.”

doi: 10.1038/ngeo1032

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度