Research press release

古代海洋の酸素減少から示唆される火山活動

Nature Geoscience

Volcanoes implicated in ancient ocean oxygen depletion

9,450万年前に世界中の深海で起きた広範な酸素の消失は、火山から噴出した硫黄が引き金となって起きたとNature Geoscience(電子版)に発表される。

海洋無酸素事変(Ocean Anoxic Event 2;OAE2)として知られるこの事件の際に堆積した海洋堆積物を用いて、M Hurtgenたちは、通常は低いバックグラウンドの硫黄レベルが、この事件が始まったときに劇的に増加したことを発見した。硫黄は、有機物の循環に対して重要な要素であり、沈殿するプランクトンの体を分解することを助ける。研究チームは、利用できる硫黄の量が増加すると、それが連鎖反応の引き金となって、分解した有機物から放出された栄養素によってより多くの生物が海洋表層で成長できるようになったと示唆している。その死骸が沈むにつれて、それらは分解され、その過程で急激に酸素が消費された。連鎖反応は、広く分布した酸素の減少により硫黄鉱物である黄鉄鉱が発達するようになり、過剰な硫黄を消費するようになってやっと止まった。

硫酸塩は、その当時に起きていたと報告されている活発な火山活動により供給された可能性が最も高いことになる。

The onset of a widespread absence of oxygen in the world's deep oceans 94.5 million years ago may have been triggered by sulphur emitted from volcanoes, according to a report published online this week in Nature Geoscience.

Using marine sediments deposited during this event ― known as Ocean Anoxic Event 2 ― Matthew Hurtgen and colleagues found that unusually low background sulphate levels increased dramatically at the start of the event. Sulphate is a key ingredient for the recycling of organic matter, allowing the bodies of sinking plankton to decompose. The team suggests that once more sulphate was available, it triggered a chain reaction: the nutrients released by the decomposing organisms allowed more and more organisms to grow at the surface. As their bodies sank, they too were decomposed ― a process that rapidly consumes oxygen. The chain only stopped once widespread oxygen depletion allowed the sulphur mineral pyrite to develop, consuming the excess sulphate.

The sulphate was most likely supplied by the heightened volcanic activity that is reported to have occurred at this time.

doi: 10.1038/ngeo743

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度