Research press release

ぶくぶくわくメタン

Nature Geoscience

Methane bubbling up

温室効果ガスであるメタンは、600メートルもの深さの海底からしみ出して、大量に海洋表面に到達することができる、とNature Geoscience(電子版)に発表される研究が示している。この結果は、全球で海洋から大気へ移動するメタン流量に対する現在の見積もりが低すぎる可能性があることを示している。

E Solomonらはロボット潜水艇を用いて、メキシコ湾の500~600メートルの深さでガスが海底噴出孔からにじみ出ている場所数か所で立ち上る泡のメタン濃度を直接測定した。研究者は、調査した深海から立ち上る泡から大気へ輸送されるメタンは、これまで浅い海の滲出で見積もられていた値よりも10~1,000倍高いことを示唆している。これは、浅海からしみ出すメタンのみが大量に海洋表面に到達しているとするこれまでの考えと正反対である。

Solomonらは、ペルシャ湾、カスピ海、アフリカ西縁、およびアラスカ北岸斜面など、同様に炭化水素を活発に産出する海盆では、海洋から大気への全球メタン流量の見積もりを改善するためにより詳細に滲出を調査する必要があると示唆している。

Substantial amounts of the greenhouse gas methane can reach the surface ocean from seafloor seeps as deep as 600 metres, shows a study online in Nature Geoscience this week. The results indicate that current estimates of the global flux of methane from the oceans to the atmosphere may be too low.

Using a submersible robotic vehicle, Evan Solomon and colleagues directly sampled methane concentrations in bubble plumes at several sites in the Gulf of Mexico between 500 and 600 metres depth, where the gas emanates from seafloor vents. The researchers suggest that the transfer of methane to the atmosphere from the investigated deepwater plumes is 10 to 1,000 times higher than the amounts previously estimated for shallow-water seeps. This is contrary to the idea that only methane from shallow-water seeps reaches the ocean surface in significant amounts.

The researchers suggest that seeps in similar active hydrocarbon basins, such as the Persian Gulf, Caspian Sea, West African Margin and the Alaska North Slope, should be investigated more closely to improve estimates of the global methane flux from the oceans to the atmosphere.

doi: 10.1038/ngeo574

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度