Research press release

社会変化と関連した6世紀と7世紀の寒冷化事象

Nature Geoscience

Cooling event in the sixth and seventh centuries linked to societal change

西暦536年から660年頃の明瞭な寒冷期は、ヨーロッパとアジアをまたがった劇的な社会的大動乱の時期と一致しているという報告が今週掲載される。著者たちは、この寒冷な時期を、「古代後期小氷期」と名付けている。

6世紀と7世紀の間は、ユスティニアヌス疫病、ローマ帝国の変革、中国政治体制の変化、スラブ語民族の拡大および初期アラブ-イスラム帝国の発展など、ヨーロッパとアジアで大規模な闘争と変革が起きた。

Ulf Buntgenたちは、ロシア・アルタイ山脈とヨーロッパ・アルプス山脈で得られた年輪の幅の測定を用いて、この期間は、それ以外の過去2000年間と比較してヨーロッパとアジアは異常に寒冷であったことを示した。彼らは寒冷化は、一連の大規模火山噴火と関連した気候のフィードバックが原因であるとしており、この急激な寒冷化が農産物の不作と飢饉だけでなく、前述した社会変化の原因となった環境要因として考慮すべきと示唆している。

関連するNews&Viewsの記事でJohn Haldonは、「古代後期小氷期の場合は、十分な精度で年代が決まっており、地球上の広い地域で起きた重要な社会的変化と一致した劇的な寒冷な時代が、因果関係を示す影響を与えうることの極めて明瞭な演繹的な事例となっているようである」と述べている。

A period of pronounced cooling from about 536 to 660 CE coincided with a period of dramatic societal upheaval across Europe and Asia, reports a paper published online in Nature Geoscience this week. The authors term this cold interval Late Antique Little Ice Age.

During the sixth and seventh centuries, Europe and Asia saw massive societal struggles and changes, including the Justinian plague, the transformation of the Roman Empire, political change in China, the spread of Slavic-speaking people and the development of the early Arab-Islamic Empire.

Ulf Buntgen and colleagues used tree-ring-width measurements from the Russian Altai Mountains and the European Alps to show that this interval was unusually cool throughout Europe and Asia, relative to the rest of the past 2,000 years. They attribute the cooling to a series of large volcanic eruptions and their associated climate feedbacks, and suggest that this sudden cooling should be considered an environmental factor that contributed to crop failure and famine, as well as the aforementioned societal changes.

In an accompanying News & Views article, John Haldon writes, “In the case of the Late Antique Little Ice Age, we seem to have a pretty clear a priori case for assuming that a dramatic period of cooling, that can be dated reasonably precisely and that coincided with substantial societal change across a large part of the Earth’s surface, had a causal impact.”

doi: 10.1038/ngeo2652

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度