Research press release

アジアのほうに引っ張るインド

Nature Geoscience

India pulled towards Asia

インドが中央アジアに向けて現在も移動中なのは、インド大陸プレートから下向きに引っ張られているからであるとの報告が、 Nature Geoscience(電子版)に寄せられている。この研究は、5,500万~3,000万年前の間に起きたインドとアジアの衝突とその後の収束を支配した力について、異なった解釈を提示している。

F Capitanioらは数値モデルを用いて、おそらく地球上の大陸プレートでは最も劇的な収束であった、アジアとインドの大陸プレートが衝突した際の力の釣り合いについて調べた。彼らは、上部地殻が衝突帯に引きずられると、インドプレートはその下のマントルよりも密度が高く、インドをアジアのほうに引っ張り続けることを見いだした。著者らは、したがって、ヒマラヤ山脈を生成した2つの大陸プレートの衝突は、インドプレート全体がその下のマントルに沈み込むためには十分に重いので、プレート運動を止めるようには働かなかったと示唆している。

関連するNews and Viewsの記事でD Mullerは、「Capitanioらは、インドとアジアの衝突前後に起きた一連の出来事を理解するという長期にわたる問題に、新しい見方を提示している」と述べている。

The ongoing movement of India towards Central Asia could be driven by a downward pull from the Indian continental plate, according to a study published online this week in Nature Geoscience. This work provides a different interpretation of the forces that governed the collision of India and Asia between about 55 and 30 million years ago and subsequent convergence.

Fabio Capitanio and colleagues used a numerical model to explore the balance of forces during the collision of the Asian and Indian continental plates, probably the most spectacular convergence of continental plates on Earth. They find that once its upper crust was scraped off in the collision zone, the Indian plate was denser than the underlying mantle, and would have continued to drag India towards Asia. The authors therefore suggest that the collision of the two continental plates that generated the Himalayas did not stop plate movement because the bulk of the Indian plate was sufficiently dense to sink into the underlying mantle.

In an accompanying News and Views article, Dietmar Muller says “Capitanio and colleagues have provided a fresh view to the long-standing problem of understanding the sequence of events before and after the collision of India and Asia”.

doi: 10.1038/ngeo725

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度