Research press release

ハリケーンによる米国の経済的損失は気候変動と関連性があるか?

Nature Geoscience

Economic losses from US hurricanes linked to climate change?

米国のハリケーンによる経済的損失が増加する傾向にあることは、一般的に引き合いに出されている脆弱性や危険状態の増加では説明することができないとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。損失の増加は、地球温暖化がハリケーンの数と強度に及ぼす影響と一致しており、この影響は2005年の米国のハリケーンによる損失の2~12%を説明している。

自然災害による経済的損失のうち、特にハリケーンによるものは過去数十年間に増加している。しかしながら、このような増加が、ハリケーンに対し脆弱な海岸地域で富と人口が増加したことなどの社会経済学的要因によるものか、あるいは極端気象現象が増加したことによるものかは論争となっている。

人工的な傾向を導入することによる危険性を最小化する統計的手法を用いて、Francisco Estradaたちは、1990年と2005年の間の米国におけるハリケーンによる経済的損失の増加に対する社会経済学的要因の寄与を見積もった。著者たちは、増加傾向の一部は、一般的に用いられる社会経済学的要因で説明することができず、おそらく地球温暖化の結果として、米国を直撃して損失を生み出したハリケーンの数と強度が増加したことと一致していることを発見した。著者たちは、2005年に受けた米国のハリケーンによる損失のうち20~140億ドルは気候変動に原因を帰すことができると見積もっている。

これに関連するNews & Views記事でSteephane Hallegatteは、この研究が「これまでほとんど無視されてきたハリケーンの経済的損失に対する気候変動の寄与に対する論争を再開させるだろう」と述べている。

The upward trend in economic losses from hurricanes in the US cannot be explained by the commonly invoked increases in vulnerability and exposure, concludes a study published online in Nature Geoscience. The rise in losses is consistent with an influence of global warming on the number and intensity of hurricanes, an influence which may have accounted for 2-12% of the US hurricane losses in 2005.

Economic losses from natural disasters, and in particular hurricanes, have risen over the past decades. However, whether these increases are caused by socioeconomic factors, such as increases in wealth and population in coastal regions that are vulnerable to hurricanes, or by an increase in extreme weather events, has been contentious.

Using a statistical approach that minimizes the risk of introducing artificial trends, Francisco Estrada and co-authors estimate the contribution of socioeconomic factors to the observed rise in economic losses from hurricanes in the US between 1990 and 2005. They find that part of the trend cannot be explained by commonly used socioeconomic factors, but is consistent with an increase in the number and intensity of loss-generating cyclones that hit the US, possibly as a result of global warming. The authors estimate that US$2-14 billion of US hurricane losses incurred in 2005 may be attributable to climate change.

In an accompanying News & Views article, Stephane Hallegatte writes that the study “serves to re-open the debate on the role of climate change in hurricane losses that had been largely discounted.”

doi: 10.1038/ngeo2560

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度