Research press release

地震はルシ泥火山噴出の原因ではなかった

Nature Geoscience

Earthquake an unlikely cause of Lusi mud eruption

大きな災害をもたらしたインドネシア・ルシ泥火山の噴出の引き金は、最初の噴出の2日前に起きたジョグジャカルタ地震ではなさそうであると、Mark Tingayが今週のオンライン版に発表した記事で書いている。

2006年5月に始まったルンプール・シドアルジョあるいはルシ泥火山の噴出は、地中から数十万立方メートルの泥を放出し、現在も続いている。泥の流れにより、ほぼ4万人以上の人々が移住を余儀なくされており、経済的損失は数十億ドルにものぼる。噴出の原因については多くの議論がなされている。仮説には、ジョグジャカルタ地震による地震波の通過を引き金にした自然災害であるというものや、近傍の天然ガス掘削作業に関連した人為的なものという説が含まれている。

著者たちは、ジョグジャカルタ地震前後の数日間に噴出口の近くにある孔井から放出されたガスの濃度と成分を分析した。しかし、この地震の地震波が地下の粘土層の液状化を起こし泥の噴出を促した場合に予想される、地震直後の噴出口からのガス放出増加を示す記録は見つからなかった。さらに、ガス成分の解析結果は、噴出した流体が粘土層由来ではないことを示している。その代わりに、流体は深部火山岩層由来であり、地上に噴出する過程で泥と混合した可能性を示している。孔井底部は、深部火山岩層内に達していると考えられている。Tingay等は、これらの観測は掘削作業が泥噴出の引き金となったという仮説と矛盾しないと述べている。

このプレスリリースはCorrespondence記事に基づいたものであり、他の研究論文には基づいていないが、データの正確さを期すために査読は行われている。Correspondence記事は、社会的重要性のある事項について科学的観点を提供するものである。

The devastating Lusi mud eruption in Indonesia is unlikely to have been triggered by the Yogyakarta earthquake that occurred two days before the initial eruption, write Mark Tingay and colleagues in a Correspondence published online in Nature Geoscience.

The Lumpur Sidoarj, or Lusi mud eruption, which began in May 2006, has discharged hundreds of thousands of cubic metres of mud from the ground and is ongoing. The flow of mud has displaced almost 40,000 people and cost billions of US dollars in damage. The cause of the eruption is vigorously debated. Hypotheses include a natural trigger by passing seismic waves from the Yogyakarta earthquake and a human-induced trigger associated with nearby gas drilling operations.

The authors analysed the concentration and composition of gases emitted from a borehole located close to the eruption vent in the days before and after the Yogyakarta earthquake. They find no record of raised gas emission from the vent in the immediate aftermath of the quake ? a signal that would be expected if seismic waves from this earthquake had caused liquefaction in a subsurface layer of clay prompting the mud to erupt. Furthermore, the composition of the gases indicates that the erupted fluids did not come from the clay layer. Instead, the fluids may have come from a deeper volcanic rock layer and mixed with mud on their way to the surface. The bottom of the borehole is thought to lie within this deep volcanic rock layer. Tingay and colleagues note that these observations are consistent with the hypothesis that the mud eruption was triggered by drilling operations.

This press release refers to a Nature Geoscience Correspondence, not a Nature Geoscience research paper or article. The data herein have been peer reviewed for accuracy. Correspondence pieces provide a perspective on a science-based matter of public importance.

doi: 10.1038/ngeo2472

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度