Research press release

アルツハイマー病に新たな3つの治療標的

Nature Genetics

Three new targets in Alzheimer\'s disease

遅発性アルツハイマー病との遺伝的関連が新たに3つ見出されたことを報告する2編の論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。遅発性アルツハイマー病の場合には、APOE遺伝子との関連が十分に確立されているが、今回は、それ以外の遺伝子との関連が初めて確実に再現された。アルツハイマー病は、世界で最もよくみられるタイプの認知症である。

リール・パスツール研究所(フランス)のP Amouyelとカーディフ大学(英国)のJ Williamsをリーダーとする2つの研究チームが、遅発性アルツハイマー病に関するゲノムワイド関連解析をそれぞれ独自に実施した。その結果、両チームは、APOE遺伝子と遅発性アルツハイマー病の十分に確立された関連を再現したことに加えて、この病気の進行に関連する3つの遺伝子座を新たに同定したことを報告している。今回同定された遅発性アルツハイマー病関連遺伝子のうち、CLU(クラスタリン)遺伝子とCR1遺伝子については、アミロイドベータペプチドの除去に関与することが既に明らかになっている。アミロイドベータペプチドは、アルツハイマー病患者の脳内に形成されるアミロイド斑の主たる構成要素である。また、主要な脳内アポリポタンパク質の1つであるクラスタリンは、アミロイドベータタンパク質と結合することが明らかになっており、アミロイド斑から検出されている。

アルツハイマー病の遺伝的リスクは、アルツハイマー病への進行の全リスクの80%を占めると推定されている。アルツハイマー病とAPOE遺伝子の関連は、過去10年間に数多くの研究で強固に確立されてきたが、今回の2つの研究は、遅発性アルツハイマー病に関連する比較的高頻度の遺伝的多型を新たに同定し、その再現性を確認した初めての大規模な遺伝的関連研究である。

Three new genetic associations to late onset Alzheimer\'s disease are reported in two papers online this week in Nature Genetics. These are among the first robustly replicated genetic associations to the disease since the now well established association to APOE. Alzheimer\'s disease (AD) is the most common form of dementia worldwide.

Philippe Amouyel, Julie Williams and their respective colleagues report two independent genome-wide association studies to late onset AD. In addition to replicating the well established genetic association to APOE, they report three new genetic loci associated with progression of the disease. Two of the newly associated genes ― CLU (Clusterin) and CR1 ― have been shown to play a role in clearance of the amyloid beta peptide, a major component of the plaques that form in the brain of patients with AD. Clusterin, a major brain apolipoprotein, has been shown to interact with amyloid beta proteins, and is found in amyloid plaques.

The genetic risk for AD has been estimated to account for as much as 80% of the overall risk of progression to AD. While the genetic association to APOE has been robustly established through numerous studies over the past decade, the current studies are amongst the first well powered genetic association studies that are able to identify and replicate additional common genetic variants associated with late onset AD.

doi: 10.1038/ng.439

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度