Research press release


Nature Genetics

Variants associated with migraine

前兆を伴わない片頭痛に関連する遺伝的多様体について報告する論文が、今週、Nature Genetics(オンライン版)に掲載される。


今回、A van den Maagdenberg、A Palotie、T Freilingerたちの研究チームは、ドイツとオランダの診療所における前兆を伴わない片頭痛の患者2,326人とこの集団に対応する対照群(4,580人)についてゲノムワイド関連解析を行った。その結果、前兆を伴わない片頭痛に有意に関連する2つのゲノム領域が同定された。また、以前に(片頭痛のサブタイプが特定されていない)片頭痛一般に関連するとされた2つの座位との関連も再現された。この結果は、前兆を伴わない片頭痛と片頭痛一般の遺伝的基盤に共通性があることを示唆している。

Genetic variants associated with migraine without aura are reported in a study this week in Nature Genetics.

Migraine without aura is the most common form of migraine, a disabling episodic neurovascular brain disorder affecting 12% of the general population. Migraine with neurological aura symptoms occurs in approximately one-third of cases.

Arn van den Maagdenberg, Aarno Palotie, Tobias Freilinger and colleagues report a genome-wide association study in 2,326 clinic-based German and Dutch individuals with migraine without aura and 4,580 population-matched controls. They identify two genomic regions significantly associated with migraine without aura. The authors also replicate associations at two loci previously associated with migraine in general (not specified for migraine subtype), suggesting a shared genetic basis.

doi: 10.1038/ng.2307 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。


メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。