Research press release

【進化】先カンブリア時代の生物の進化は湖沼で起こっていた

Nature Communications

Evolution: Precambrian life may have evolved in lakes

先カンブリア時代には深海で多くの生物の多様化と進化が一時的に停止した可能性があるが、その多様化と進化が湖沼で続いていた可能性が非常に高いという報告が、今週掲載される。これまでの研究では、先カンブリア時代の海洋でモリブデン(真核生物と窒素固定細菌が必要とする微量金属)が不足し、多くの生物の進化と多様化が遅れたことが示唆されている。

今回、John Parnellたちは、英国スコットランド北西部のトリドニアン系堆積岩から得た新データを提示し、先カンブリア時代の湖沼堆積物に高濃度のモリブデンが含まれていることを明らかにした。この湖沼堆積物には、毎年の層形成も記録されているため、湖へのモリブデンの平均年間流入量を計測でき、海洋環境への流入量より1~2桁多いことが明らかになった。このように高濃度のモリブデンが湖中に常に存在していたことと先カンブリア時代のスコットランドの湖で生物がモリブデンのような金属を利用できたという学説を前提とすると、この湖は窒素固定細菌の繁殖と真核生物の多様化に適した環境だったといえる。

While the diversification and evolution of much Precambrian early life may have temporarily halted in the deep oceans, it probably continued in lakes, reports a paper in Nature Communications. Previous work has highlighted a shortfall of molybdenum (a trace metal necessary for eukaryotic and nitrogen-fixing bacterial life) in the Precambrian oceans, which implies that the evolution and diversification of many organisms was delayed.

John Parnell and colleagues now provide new data from the Torridonian sedimentary rocks of northwest Scotland showing that lake sediments from the Precambrian contained a high concentration of molybdenum. These sediments also feature records of annual layering, allowing the average yearly flow of molybdenum into the lake to be measured and showing that levels of molybdenum were 1 to 2 orders of magnitude greater than those present in the marine environment. These consistently high levels and the suggestion that metals such as molybdenum were bioavailable in the Precambrian Scottish lake mean it may have been a suitable environment to allow the expansion of nitrogen-fixing cyanobacteria and the diversification of eukaryotes.

doi: 10.1038/ncomms7996

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度