Research press release

【医学研究】細菌のミニ細胞をワクチン接種に利用する

Nature Communications

Medical Research: Exploiting bacterial minicells for vaccination

もっと安全なワクチンを設計するための新しい方法が考案された。弱毒化した細菌を含むワクチンの場合、子どもや免疫系の弱い患者は、ワクチン接種を受けていても病気にかかることがある。今回考案された細菌由来のミニ細胞を用いたワクチンは、こうしたリスクをなくせる可能性がある。

効率のよいワクチンは、III型分泌系(T3SS)という細菌のタンパク質注入システムを介して、免疫細胞に抗原(免疫応答を引き起こす物質)を送り込む。ところが、T3SSはエネルギーを必要とし、そのため、生きた細菌でしか活性を保てない。細菌のミニ細胞は、細菌の細胞分裂の異常の結果として生じる。ミニ細胞にはDNAが含まれておらず、複製できないが、一部の細胞機能を維持するタンパク質が含まれている。今回、J Galanたちは、ネズミチフス菌(Salmonella Typhimurium)のミニ細胞を遺伝的に修飾して、正常に機能するT3SSが含まれるようにした。さらに、Galanたちは、マウスを用いた研究で、このミニ細胞を利用することで、T3SSを介して、抗原を免疫細胞に送達し、免疫応答を誘導できることを明らかにした。

A new strategy for the design of potentially safer vaccines is reported in Nature Communications this week. Vaccines based on bacterial minicells may eliminate risks associated with those containing attenuated bacteria, which may still cause disease in children or patients with a weak immune system.

Efficient vaccines deliver antigens, substances that cause an immune response, into immune cells via a bacterial protein injection system known as the type III secretion system (T3SS). However, the T3SS requires energy and is hence only active in live bacteria. Bacterial minicells are the result of aberrant bacterial cell divisions. Although they contain no DNA and cannot replicate, bacterial minicells do contain proteins that sustain some cellular functions. Jorge Galan and collaborators genetically modified minicells of Salmonella Typhimurium so that they contain a functional T3SS. The team went on to show that these minicells could be used to deliver antigens to immune cells via the T3SS and to elicit an immune response in mice.

doi: 10.1038/ncomms2594

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度