Research press release

【がん】乳がん発症リスクは数世代後まで伝わる

Nature Communications

Cancer: Passing mammary cancer down the generations

妊娠中のラットに高脂肪食、あるいは、性ホルモンのエストラジオールを加えた食餌を与えたところ、その子孫における発がん物質誘発性乳がんの易罹患性が高まることが判明した。この新知見は、複数世代にわたる発がんリスクの遺伝を調べる研究にとって重要な意味を持つ可能性がある。この結果を報告する論文が、Nature Communicationsに掲載される。

妊娠中のラットに高脂肪食、エストラジオールやその他の化合物を与えると、雌の子孫の乳がんリスクが高くなることは、これまでの研究で明らかになっていた。今回、S de AssisとL Hilakivi-Clarkeたちは、この発症リスクが、その後の2世代においても持続することを明らかにした。この実験では、妊娠中のラットに高脂肪食、あるいは、エストラジオールを加えた食餌を与え、このラットから生まれた娘ラットを交配して孫娘ラットを生ませ、この孫娘ラットを交配して、ひ孫娘ラットを生ませた。そして、娘、孫娘とひ孫娘のラットに対して、ラットに乳がんを引き起こすことの知られた発がん物質を投与した。この実験の結果、これまでに得られた知見が確認されたことに加えて、高脂肪食を与えられた母親から生まれた娘ラットの乳がん易罹患性が高いことが明らかになった。孫娘ラットも、対照ラットより乳がん発生率が高かったが、ひ孫娘ラットはそうならなかった。一方、エストラジオールを加えた食餌を与えられたラットの場合には、ひ孫娘ラットの乳がん発生率が対照ラットより高かったが、孫娘ラットの乳がん発生率は、対照ラットと有意差がなかった。

ただ、今回の研究は、発がん物質をマウスに経口投与して乳がんを誘発する実験に基づいているため、それによって得られた知見を人間に当てはめて推定することには困難を伴う。

Feeding rats a high fat diet or the sex hormone oestradiol whilst pregnant leads to a higher susceptibility to carcinogen-induced breast cancer in offspring reports a study published in Nature Communications. These findings may have implications for the study of transgenerational inheritance of cancer risk.

It has previously been shown that exposure of pregnant rats to high fat diet, oestradiol, and other compounds increases the breast cancer risk of their female offspring. Sonia de Assis, Leena Hilakivi-Clarke and colleagues now show that this risk persists for two subsequent generations. After feeding pregnant rats with a high fat diet or oestradiol, the daughters were then mated to produce granddaughters and the granddaughters mated to produce great-granddaughters. The daughters, granddaughters and great-granddaughters were then treated with a carcinogen known to cause breast cancer in rats. The team confirmed previous findings and showed that daughters from high fat diet fed mothers were more susceptible to mammary cancer but also discovered that the granddaughters but not the great-granddaughters had a higher mammary cancer incidence compare to control fed rats. The granddaughters of rats fed oestradiol showed no increase in mammary cancer incidence but the great-grandaughters had more tumours than the control rats.

However, these findings are difficult to extrapolate to humans due to the oral treatment of mice with a carcinogen to induce breast cancer.

doi: 10.1038/ncomms2058

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度