Research press release

【エピジェネティクス】ブタの脂肪組織におけるDNAメチル化地図

Nature Communications

Epigenetics: Mapping fat genes in pigs

3種のブタの脂肪組織において調節を受ける遺伝子の位置決定について報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この3種類のブタは、それぞれ脂肪量が異なっており、したがって、今回得られた知見は、肥満に関係する遺伝子に関して重要な意味を持っている可能性がある。

遺伝子は、DNAメチル化によって調節されることがある。これは、エピジェネティックな調節として知られ、遺伝子発現に影響を与える。今回、X Li、R Liたちの研究チームは、肥満におけるエピジェネティクスの役割を解明するために、脂肪組織の遺伝子に見られるエピジェネティックな刻印の位置決定を行った。今回の研究では、異なる脂肪量になるように飼育された3種類のブタの8つの身体部位から得た組織を用いた。その結果、DNAメチル化のパターンが、性別、種類、解剖学的部位によって異なっていることが判明した。こうした研究結果は、肥満と脂肪組織調節における遺伝子発現調節について解明を進めるための基盤となる。

A map of genes modified in adipose, or fat, tissue in three breeds of pigs is reported in Nature Communications this week. The three breeds of pigs each have different fat contents and therefore these findings may have important implications for genes involved in obesity.

Genes can be modified by methylation of the DNA - this is known as epigenetic regulation - and affects gene expression. To understand the role of epigenetics in obesity Xuewei Li and Ruiqiang Li, and colleagues mapped the epigenetic marks on genes found in adipose tissue. They used tissue from three different pig breeds that have been bred for different fat contents and 8 different body sites. They found that there were differences in methylation patterns between different sexes, breeds and anatomic locations. These results provide a platform for understanding the regulation of gene expression in obesity and adipose tissue regulation.

doi: 10.1038/ncomms1854

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度